エントリ-

C-COM社員紹介

互いに支え合い、尊敬し合える“最高の雰囲気” JA共済 決算システム部門 代田 瑞希 2012年入社

面接後にいただいた一通の手紙が、入社の決め手

学生時代、情報メディア学を専攻し、授業でプログラムを組んだことがあります。
今思えば、とてもシンプルなプログラムでしたが、予想通りにプログラムが動く様子を見るのがすごく楽しかったんですね。新しい知識を学び、その知識を用いて新しい“何か”をつくることに、刺激を感じていたのだと思います。この時の経験に加えて、子供の頃からパソコンが好きだったこともあり、自然とIT業界を目指すようになりました。
中央コンピュータシステムは、説明会の雰囲気がとても良かったので、最初から好印象を抱いていました。
事業のことや仕事の内容など、細かな部分まで、丁寧に説明してくれたからです。友人に誘われて、気軽な気持ちで参加しましたが、就活の早い段階で当社と出逢えたことに感謝しています。面接では、自分を飾り立てることなく、ありのままを表現しました。
面接の準備をほとんどせずに臨んだのですが、人事の方がリラックスできる雰囲気をつくってくださったおかげで、力まずに自分をアピールできたと思います。
面接の後、人事の方が手紙を送ってくださいました。面接を通じて感じた私の長所が書かれていて、「こんなにも私のことをしっかりと見てくださったのだな」と感無量でした。
「社会に出たら、あなたの良いところをさらに伸ばしてほしい」というあたたかなメッセージが込められていて、「この会社で働けたら」という思いが自然と芽生えていきました。

互いに支え合い、尊敬し合える“最高の雰囲気”

「JA共済のシステムを開発している」と聞いて、皆さんは「まじめで堅い会社なのかな」と思うかもしれません。実際の雰囲気は、まじめだけれど、堅さはいっさいなく、むしろフレンドリー。私自身、配属当初から当社ならではの“あたたかな雰囲気”に支えられ、のびのびと仕事に取り組んできました。
たとえば、1年目は先輩のお手伝いからスタートし、徐々に責任ある仕事を任せてもらえるようになりました。
当社には、1年間の新人指導員制度(OJT制度)があり、先輩がマンツーマンで指導してくださるので、ちょっとした不安や悩みがあってもすぐに相談できます。
私についてくださった先輩は面倒見がとても良くて、絶妙なタイミングで声をかけてくれました。「大丈夫? 何かあった?」って。
先輩も自分の仕事をもっているのですから、決して時間にゆとりがあったわけではないと思うのです。
忙しい素振りを一切見せず、常に笑顔で接してくれた先輩のことを、私は心から尊敬しています。
同じグループのメンバーを愛称で呼び合ったり、休憩時間にお菓子をいただきながら雑談したりと、いつも笑顔でいられる雰囲気が、当社の一番の魅力です。
会社のクラブ活動で他部署の社員とも交流できるので、気がつくと、仲の良い社員がたくさんできました。
まじめで一生懸命、時に冗談を交わしながら、仲間と力を合わせて1つの仕事を成し遂げていく――。そんな仲間や先輩の存在そのものが、私の誇りです。

代田 瑞希
Profile 大学卒業後、2012年に新卒入社。
大学時代は情報メディアを学び、プログラムでのものづくりに刺激を感じ、IT業界を目指す。
現在は、決算システムの新グループでのシステム構築を行っている。
代田 瑞希
メッセージビデオ メッセージビデオ
Message

一日のスケジュール

スケジュール表

他の先輩社員を知る

  • JA共済 自動車共済システム部門 岩舘 航希 2012年入社
  • C-COM 社内システム部門 千田 徳芳
  • JA共済 普及推進システム部門 若林 加奈
  • JA共済 自動車共済システム部門 國恒 裕康
  • JA共済 システム統括部門 七尾 朋子
  • 共栄火災 情報システム部門 小野寺 健太
  • JA共済 短期共済システム部門 萩原 舞

※個人情報保護の観点により、当Webサイト記載の氏名は全て仮名としています。

2017年度新卒採用
エントリー
中途採用 障がい者採用