エントリ-

社員紹介

新人の指導から得た
新たな“気づき”が
さらなる成長の糧になる

JA共済 長期共済システム部門
M.S.

2015年入社(社会情報学部社会情報学科卒)

JA共済 長期共済システム部門
M.S.

2015年入社(社会情報学部社会情報学科卒)

プロフィール
大学のゼミでC言語を使ったツールを開発。設計の面白さに惹かれ、システムエンジニアを志望した。入社1年目から現部署に所属。あやふやなまま次の作業に進まない、作業の優先順位を誤らないことをポリシーにしている。

自然にイメージできた“C-COMで働いている自分の姿”

会社訪問でC-COMを訪れた時、出会った方々の印象がとても良かったんです。採用担当者はもちろん、廊下やエレベーターですれ違った社員の雰囲気がとても柔らかで、親近感を覚えました。直観的に「ここなら私は働ける」と思えましたし、C-COMで働いている自分の姿を自然にイメージできました。多くの会社を訪問しましたが、そんな風に感じたのはC-COMが初めてでした。今振り返っても、あの時の直感は間違っていなかったと思います。

異動処理のシステムを担当。
お客様の反応に仕事の手応えを実感

現在は、「ひと」や「いえ」の長期共済と短期共済に共通するシステムの開発を行う部署で、異動という処理のシステムを担当しています。契約者様の苗字変更、保障内容変更などに伴って必要になるプログラムの修正を行い、お客様からの問い合わせにも対応しています。処理するプログラム数がとても多く、担当以外のシステムとの連携も多いため、毎回苦労しています。一方で、問い合わせがある度に、自分が関わったシステムが大勢のお客様に使われていることが実感でき、仕事の手応えを感じます。

研修講師と指導員を経験。
新たな“気づき”でさらに成長

入社4年目に自ら希望して新人研修の講師になり、丸3週間新人にプログラミングの基礎を指導しました。緊張しながらも教えることの面白さと難しさが分かり、とてもいい経験ができたと思います。また、同じ部署に配属された新人の指導員も担当しました。1年間にわたって業務のプロセスを指導し、質問されることでこちらが気づかされることもたくさんありました。

誰からも頼られる
「特定分野のスペシャリスト」になりたい

先日、所属チームのリーダーに就任しました。直近の目標は、リーダーとして上手くチームを動かすため、必要な業務をスムーズに行えるようになること。そのため、常に仕事の全体像を見誤らないようにしています。長期的には、特定分野のスペシャリスト(有識者)になりたいですね。当社の仕事はどれも専門性が高く、先輩はみな得意の分野を持っています。「この分野についてはあの人に聞けば間違いない」と言われるくらいになることが目標です。

M.S.の1日のスケジュール

  • 6:00 
    起床
  • 8:15 
    出社
    朝はエレベーターが混むので早めに。まずはスケジュールとメールを確認。
  • 9:00 
    朝会
    前日の業務を総括し、連絡事項について話し合い。
  • 10:00 
    通常業務
    メンバーに作業を割り振った後、
    必要があれば自分はプロジェクトの調査をしっかりと。
  • 12:00 
    ランチ
    お弁当派なので、自分の席でゆっくり食事。
  • 13:00 
    通常業務
  • 14:00 
    リーダー会議
    他チームの進捗状況を確認し、自チームで発生している問題があれば共有。
  • 15:00 
    成果物レビュー
    工程ごとに行われる品質検証会議に参加。気が付いた点があれば発言し、
    中身を確認。
  • 16:00 
    お客様対応
    お客様から至急の確認要請が。メールや電話で内容を確かめ、すぐに調査を開始。
  • 18:00 
    退社
    至急の調査も無事終了。翌日のスケジュールを確認して退社。
  • 20:00 
    帰宅
    夕食後はまったりタイム。ゲームをしたり、本を読んだりして過ごす。
  • 22:00 
    就寝
休日の過ごし方
2.5次元ミュージカルにはまっています!
最近熱中しているのは、アニメやゲームなどを原作にした2.5次元ミュージカル。なかでも名刀が剣士になって活躍する『刀剣乱舞』が大好き。公演日が平日の時は定時で退社し、劇場に駆け付けます。休日は友人とゆかりの地へ旅行にも行きました。
後輩K.Y.からの一言
説明が明確でロジカル
多くのことを教わりました
M.S.さんは、私が入社1年目の時の指導員です。印象に残っているのは、全ての説明が明確でロジカルだったことです。しかも図を多用して教えてくれるので、一気に理解が進みました。プロジェクトが忙しいなか、時間を割いて多くのことを教えていただいたので、とても感謝しています。

他の先輩社員の
インタビューをみる

エントリー
中途採用 障がい者採用