エントリ-

C-COM社員紹介

知識や技術とともに、人間的にも成長できる会社です 共栄火災 情報システム部門 小野寺 健太 2015年入社

未経験による不安を気さくな先輩方が払拭

私はプログラミングについてまったくの未経験でした。
大学のゼミではセールスマーケティングを学んでいたのですが、就職活動を行う中で偶然「C-COM」と出会いました。SEという職業は、社内で怒号が飛び交っていたり、やつれた寡黙な方々が多かったり……そんなイメージを持っていました。 C-COMは、50年を超える実績によって蓄積したノウハウを持っていることや、共済・保険業務に精通した高度な知識があること。また、日本全国の加入者の暮らしを支える事業を展開している点、「顧客志向」の強い点などに魅力を感じて説明会に参加したんです。
実際に人事の方に会ってみたら、最初のイメージとは違っていました。とても優しそうで自分を対等に見てくれる温かさがあるというか……。それでも採用が決まった後も、プログラミングの経験がないのに入社して本当に務まるのか、社会人としてきちんとやっていけるのか、という漠然とした不安がついてまわっていました。
ところが、新入社員研修でしっかりとノウハウを学ぶことができ、配属後は先輩方が皆さん優しく接してくださいました。同じグループの方はもちろん、他のグループの方にも気さくに声をかけていただき、自分が困っていると優しく教えてくださいます。「何で困っているのか」ということをいつも気にかけてくださり、この会社は教え合う文化が根づいているというのでしょうか。漠然とした不安を取り除いていただいたことが今でも印象に残っています。

仕事面と人格面の両方から信頼されるために

現在は、営業成績管理システムの開発・保守を行っています。
プログラミングやテストでは地道な作業が多いのですが、自分がミスをすると他のシステムにも影響が出てしまうので、とても緊張感があります。その反面、自ら手がけたプログラムが思った通りに稼働したときは何とも言えない達成感があります。大きな喜びと充実感を感じられますね。
また、研修を終えてからも日々の業務を通じて毎日のように新しい知識が積み上げられるのも、この仕事の魅力の一つです。新規システム開発プロジェクトの開始から終了まで携われたときは、本当に多くの経験と知識を得ることができました。
目標とできる先輩方がたくさんいらっしゃるので、これからも何事にも全力で取り組み、多くの業務知識を吸収し、技術面を磨いていきたいと思っています。
そんな先輩方ですが、C-COMには社内イベントやクラブ活動もあって、仕事以外で接する機会も多くあるんです。旅行に連れて行っていただいたこともあり、仕事以外のいろいろなお話しをさせていただきました。C-COMは一人ひとりを「社員」ではなく、「一個人」として見てくれるので、人間としてもとても大きく成長できる会社だと思います。
就職活動中の皆さんも、「プログラミングの経験もないのにSEなんて……」と思わないでください。本人の努力次第では1年で経験者に匹敵するほど成長することだって可能です。
SEという仕事を視野に入れていただければ就職活動に広がりが出ますし、数多くのことを経験して学べるチャンスも増えていきます。これを読んでくださった方と一緒に働ける日を楽しみにしています。

小野寺 健太
Profile大学卒業後、2015年に新卒入社。小学校から大学生までバスケットボールに励み、根性は人一倍。C-COMではイベントやクラブ活動にも積極的に参加。先輩方のように、人格面でも信頼されることを目指している。
小野寺 健太

他の先輩社員を知る

  • JA共済 自動車共済システム部門 岩舘 航希 2012年入社
  • C-COM 社内システム部門 千田 徳芳
  • JA共済 決算システム部門 代田 瑞希
  • JA共済 普及推進システム部門 若林 加奈
  • JA共済 自動車共済システム部門 國恒 裕康
  • JA共済 システム統括部門 七尾 朋子
  • JA共済 短期共済システム部門 萩原 舞

※個人情報保護の観点により、当Webサイト記載の氏名は全て仮名としています。

2017年度新卒採用
エントリー
中途採用 障がい者採用